相続税

まずは無料相談から!

「相続っていうけど・・・何をわかっておけばいいかがわからない」
何となく不安、何をすればいいか分からない
「うちはもめないから大丈夫!財産もそんなにないし・・・」
楽観的な考えは危険信号です
相続が争族に!!
 
残された家族が仲良く生活するために私たちがサポート致します
まずは無料相談から


(※相続税、申告についてのご相談については受け付けておりますが、遺産相続争い等の相談については弁護士をご紹介させて頂きます)
相続対策ってどんな対策があるの?
遺言書は作成した方がいいの?
どの財産に相続税はかかるの?
どんな場合に相続税を払わなくちゃいけないの?
誰が相続するの?財産分与って??

あなたはご存知ですか?税理士にも専門分野があります。

あなたは税理士先生なら誰でも相続税の申告が簡単にできると思ってませんか??
実は、一般的な税理士にとって相続税申告は特殊な分野です。法人税、所得税、消費税、相続税、酒税など税法には種類があり専門性を有します。医者に内科、外科、耳鼻科、眼科があるのと同じです。特に相続税は実務経験や豊富な知識がないと良い仕事ができません。
知識や経験のない税理士に相続税申告を依頼することは、内科医に外科手術を依頼することと同じなのです。
相続税は安心して私たちにお任せください。
弊所は創業70年経験と経験豊かなスタッフが今まで数百件もの相続税の申告に携わっております。

相続になったときの流れ

7日以内
相続を開始の手続きの第一歩として、まずは故人(被相続人)が死亡したことを伝える手続きを行いましょう。被相続人が死亡してから7日以内に医師の死亡診断書を添えて死亡届を市区町村役場に提出。葬儀にかかった費用などの領収書を整理しておきましょう。
3ヶ月以内
葬儀も終わり四十九日を終える頃には、遺言書の有無、相続人は誰なのかの調査、相続財産の調査、相続放棄や限定承認の手続き、遺産分割協議(遺産の分割方法やだれが何の遺産を相続するかを決める)を始められるのが良いでしょう。
4.ヶ月以内
被相続人が死亡した年の1月1日から、死亡の日までの期間の所得を準確定申告という形で申告する必要があります。準確定申告は相続人全員が納税者となり、被相続人の所得税の申告を行う義務があります。
10ヶ月以内
遺産分割協議書の作成や相続税の申告(相続税の納付まで)、相続財産名義変更(銀行口座、株式の名義変更、不動産や土地などの相続登記)を行っていく必要があります。
智創税理士法人に全てお任せ下さい!

お客様の声

株式会社 〇〇様
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト、サンプルテキストサンプルテキスト、サンプルテキストサンプルテキスト。
株式会社 〇〇様
サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト、サンプルテキストサンプルテキスト、サンプルテキストサンプルテキスト。

Contact

お問い合わせ
ご依頼やご相談につきましては、下記の電話番号またはコンタクトよりご連絡ください。